腫瘍マーカーの主な種類

腫瘍マーカー検査とは、腫瘍が生み出す特殊な蛋白や酵素、ホルモンなどを血液で測定する検査です。この特殊な蛋白などは健康時にほとんどみられないため、腫瘍を発見するための補助検査として活用されています。健診時の採取血液を用いて検査することができるため、手軽に受けることができます。腫瘍マーカーは100%確実な診断方法ではなく、臓器ごとに反応する腫瘍マーカーを組み合わせることで、がんの発見の確率を高め、診断や経過観察に役立てるものです。

腫瘍
マーカー項目
料金
(税込)
大腸 食道 胆のう 膵臓 肝臓 前立腺 子宮 卵巣 乳房
PSA 2,370円               ○      
CEA 1,940円 ○ ○ ○                
CA19-9 2,370円 ○ ○     ○ ○          
SCC 2,160円     ○ ○         ○    
AFP 1,940円             ○        
シフラ
(サイトケラチン
19フラグメント)
3,240円     ○                
CA125 2,800円                   ○  
p53抗体 2,160円 ○     ○             ○

 

ウィンドウを閉じる
ページの先頭へ