院長 ごあいさつ

 

                   

 

 2017年8月より、院長を拝命いたしました堀田 大介でございます。当院は、1981年に大堀 克己前理事長により開設され、36年が経過しています。大堀 克己先生が提唱された「医療を通して、同じ時代に生きる人々のお役に立つ」の精神の下、これまで医療を行ってきました。この精神は、2017年4月より津久井 宏行理事長に引き継がれ、更なる飛躍を遂げようとしています。
  当院の柱は、予防、急性期医療、心臓リハビリテーション、先進医療研究の4つあります。超高齢化社会は、もう既に始まっておりますが、同じ時代を生きる患者さんに対して最良の医療を提供できる病院として、近隣の先生方とも連携しながら貢献していきたい思います。
 また、これまでどこの病院も成し得なかったような内科・外科の融合を目指します。医師・看護師を始めとする医療スタッフが向上心を持てる病院にしていきたいと考えております。

理事長 大堀克己

ページの先頭へ