各診療科の特徴

北海道循環器病院は、心臓・循環器血管系疾患の専門病院として最新の医学・医療(EBM=医学的根拠)に基づいた技術力の高い医療を提供するとともに、私たちは臓器・病気だけを診る医療ではなく、患者さんの心を含めた「ひとを診る」「ひとを支える」医療を実践したいと考えます。

 

心臓血管外科

心臓や血管の手術を行なっています。一番件数の多い開胸手術は冠動脈バイパス術ですが、そのほとんどは、体に負担の少ない心拍動下におけるバイパス術を選択しています。心臓弁の置換術や形成術、胸部・腹部大動脈瘤、末梢血管の手術など、また、徐脈性の不整脈にはペースメーカー植え込み術や、植え込み型除細動器(ICD)の植え込み術も行なっています。

日帰りでの手術には、冠動脈カテーテル検査が外来にて日帰りで行なうことができます。

当院では、低侵襲手術(小切開手術)と透析患者さんへの心臓手術の取り組みも積極的に行っております。

 

低侵襲手術(小切開手術)への取り組み(PDF)

透析患者さんへの心臓手術の取り組み(PDF)

 

専門外来

  • 動脈瘤・静脈瘤外来

主な対象疾患と診療の指針

担当医師

  • 理事長 津久井 宏行
  • 先進医療研究所 所長 山崎 健二
  • 顧問 大堀 克己
  • 医長 岩朝 静子
  • 医師 早川 真人

循環器内科

不整脈、高血圧、狭心症・心筋梗塞といった虚血性心疾患など、心臓血管に関する診断と治療を行なっていま す。カテーテル治療は、機器の開発と進歩に伴い、近年、数が増加しています。
石灰化した病変部を削りとることのできるロータブレーターや、長期的に血管の狭窄を防ぐことのできる薬剤溶出ステントの使用で、治療可能な症例が増えてきています。頻脈性の不整脈の治療には、カテーテルアブレーションといった専門的治療も行なっています。

また、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、虚血性心疾患を引き起こす動脈硬化の原因ともなることから、これらの治療にも力を入れています。高血圧に対するきめこまかい降圧療法や、心不全に対する薬物療法とともに心臓リハビリテーションが効果を上げています。

新世代超音波診断装置「Vivid E9」(GE社製)を導入しました。

この度、最新技術を取り入れた心臓超音波診断装置「Vivid E9」を導入いたしました。従来の装置に比べて検査時間が大幅に短縮できるほか、鮮明な立体映像の描出や、動画のリアルタイム表示、検査データの精度向上などによって、より精密で正確な診断が可能となります。米国GE社(ジェネラルエレクトリック社)の「Vivid E9」は、全国に先がけて、当院が日本では初めて導入致しました。私たちはこれからも循環器疾患の専門病院として、最新の技術・知識を取り入れ、病気の治療、予防に力を尽くして参ります。

専門外来

主な対象疾患と診療の指針

  • メタボリックシンドローム(高血圧・高脂血症・糖尿病)
  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  • 心不全
  • 不整脈

担当医師

  • 院長 堀田 大介
  • 心不全センター長 村上 弘則
  • 診療部長 柏木 雄介
  • 循環器内科部長 森田 亨
  • 心血管研究センター長 山本 匡
  • 医長 福山 周三郎、佐々 保基、桜井 聖一郎、大堀 克彦
  • 医師 山口 紅、舟山 直宏、小西 崇夫

消化器内科

当院の消化器内科は日本人に多いといわれる胃癌や、大腸癌の早期発見、治療とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎といった胃腸領域の疾病を主な診療分野としています。昨今、消化器科領域における診断・治療に欠くことのできない内視鏡は医療技術の進歩により、胃カメラ、大腸カメラともに径(太さ)が細く、画像解像度も高くなったことによって、患者さんの苦痛は少なく診断精度も向上しました。

また当院では、患者さんの更なる苦痛の軽減を目的に経鼻内視鏡も導入しました。(検査の目的等によっては経鼻内視鏡が使用できない場合もあります。)検査や診断を担当する医師は日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医の資格を有する経験豊かな医師が行います。

当科においては胃がんの原因ともいわれるヘリコバクター・ピロリ菌の診断(組織鏡検法・組織培養・尿素呼気試験・血清ピロリ抗体等)や除菌治療にも積極的に取り組むとともに、肝臓・胆のう・膵臓系疾患についても、当院の最新の医療機器を用いることによって精度の高い診断を可能にしています。

主な対象疾患と診療の指針

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 大腸炎
  • 慢性肝炎

内分泌・糖尿病内科

 

糖尿病を対象としています。

糖尿病は、動脈硬化や心臓病の原因にもなることから、3大合併症の予防のほか、 心疾患の一次予防(発症を予防すること)や二次予防(再発を予防すること)に力をいれています。

ひとりひとりの患者さんのライフスタイルや
ライフステージにあわせた、きめこまかい、
負担のすくない最新の治療とケアを提供できるよう
こころがけています。

6名の日本糖尿病療養指導士(CDEJ)および
心血管グループとも協力して、 チームで「ひとを
支える」治療を実践したいと考えています。

専門外来

主な対象疾患と診療の指針

  • 糖尿病 


ページの先頭へ